社会問題|SNS-Twitter編

twitter
標準

近年、ツイッターを始めとしたSNS上での投稿が発端となり、利用者のモラルが疑われる様な問題行動が続々と明るみとなり、大きな社会問題へと発展しています。

特に、今やツイッターを利用している人の数は膨大であり、またその利用者の年齢層などもまちまちであるにも関わらず、自身のアカウントに閲覧制限をかけていない限りは、不特定多数の人に閲覧が可能であるといった点も、事態の深刻さに拍車をかけているのだと言えます。

記憶に新しいものとしては、飲食店にてアルバイトをしている従業員が自身のツイッターに業務中の悪ふざけを撮影した画像を投稿し、それがネット上に拡散した事により、その飲食店が営業停止に追い込まれたといったものがありました。

この事件は多くの人々に衝撃を与え、利用者の倫理観を改めて見直さなければならないきっかけとなったのにも関わらず、この様な安易なツイートによる弊害は今なお後を絶たず、利用者たちによる数々の問題行動が取り上げられては、議論が続けられていると言えます。

そして、これにはツイッターを始めとするSNS利用者の数の多さといった点も関連しているのだと言えます。

基本的に自分がフォローしている人たちの投稿は、その時々の最新のものが優先的に表示されるといった仕組みになっており、その為、どんどん新たな投稿をしていかないと人の目に触れてもらう機会が減ってしまいます。

また、何てことのない日常を報告しただけに過ぎない投稿では、その他の数多くある投稿の中に埋もれてしまう為、より刺激の高い、衝撃的な内容の投稿をする事により注目を集められるといった事も、弁えずに直ぐに写真を撮る行動やSNSに上げるための行動をする事への原動力になってしまっているのだと言えます。

そしてこれらの投稿に対して、面白いと反応を示してしまう受け手側の問題もあると言えます。
発信者側も反応があるからこそ、更にもっと衝撃的なものを投稿しようとエスカレートしていってしまうからです。

この、人とは違う投稿をする発信者になれば持てはやされるといった間違った風潮を変える事こそが重要であり、SNSを利用していく上での今後の重要な課題であるのだと言えます。

本来、SNSはその利用を正しく活用すれば、一瞬にして多くの人と情報を共有出来、時にそれが人命救助などにも繋がる可能性のある有益性の高いツールです。

本来のSNSが誕生した意義といったものを今一度再確認し、私たちも利用していく必要があると言えます。

Facebook依存症の女性の話

facegook依存症
標準

友人が始めたのをきっかけに、私もTwitter、facebook等のソーシャルを始めることにしました。

何気ない画像をUPしたところ、いいね!を押してもらえました。何故かわかりませんが良い気持ちになり、次々に画像をUPしていきました。いいね!が欲しくてたまらない感情が収まらなくなっていきました。少しでも多くのいいね!を押してもらうと有名人にでもなったかのように快感でたまらなかったです。

しまいには食事をしていないにも関わらず、食事の画像をUPするようになりました。ネタになることはないかと常に考えるようになりました。家族との会話もそっちのけで携帯を肌身離さず持つようになり、時間が空けば自分のTwitter、facebook等チェックしたりブログを更新したり自分でも少し依存しているのかなと感じつつやめることはできませんでした。

いいね!をしてもらうと、いいね返しをしなくてはいけません。そうした気持ちから、携帯を離すことができないのです。

家族や友人からは、SNS依存症とまで言われました。寝る間を惜しんでは、Twitter、facebook等のソーシャルにのめり込んでいきました。他人の行動にそこまで興味がありませんが、文章も画像も見ないでいいね返しをしています。

それも、自分のいいね!が欲しいがために続けています。相手からいいね!がこないと不安な気持ちになります。見てくれたのにいいね!していないんではないかとか、自分の感情が不安定になっているのも感じます。

こうした状況が続いて、どんどんエスカレートしていると自分でも感じています。気持ちを抑えることができずに、食べてもない画像をUPしたり行ってもいない場所を載せるようになったのです。さらに嘘をついている自分が止めることができず、コメントにも平気で嘘の内容で返しました。

寝不足にも悩まされましたが、いいね返しに追われて眠れない自分がいました。返さなくちゃと追いつめられる感じになっていました。自分でもおかしいと実感していましたが、周囲の人から言われて改めて依存症と気づくことができました。携帯なしでは、そわそわしてしまい何も手につきません。自己満足の為に、嘘の内容の画像までUPしていますがなかなかやめられないのが現状です。

寝不足も続いて、生活にも仕事にも支障が出始めています。悪いことだとは思っていませんが、今でもいいね!の為に画像をUPし続けている自分がいます。

Twitter連動アプリtwitbackr

twitbackrとは
標準

今では誰でもインターネットを気軽に使える世の中になりました。個人でブログを使って日記を書いたり情報を発信することも珍しくない状態です。そんなブログで「いま投稿したばかりの記事をいち早く誰かに読んでもらいたい」そんなときに使えるのがtwitbackrです。

twitbackrはSNSで有名なtwitterとアプリ提携することで役立つツールのひとつです。アプリ提携後にブログで新しい記事を投稿すると、投稿とほぼ同時にtwitterに投稿したばかりのブログの記事をリンク付きで自動投稿してくれます。いちいち自分でブログ記事のリンクをコピーしてtwitterに投稿する手間もなく、自動投稿なのでリアルタイムで情報を発信・受け取りが可能になります。設定方法も誰でも手軽に出来るため、もし両方使っている方や情報発信のために使いたいという方は使ってみる価値があると思います。以前よりブログの閲覧数増加が早くなる可能性が広がるでしょう。

Twitter連動アプリのtwitbackrはココが便利!

convenient point of twitbackr
標準

近年、インターネットの普及率は高まる一方で、さらにその中でもSNSの利用率はかなり高くなってきています。これまで主流だったブログによる情報発信も、SNSと連携することが多くなってきました。ブログの更新を、Twitterなどで告知し、少しでも知ってもらうという方法です。ですが、毎回ブログを更新するたびにTwitterでそのURLをコピペして投稿、というのは面倒ですし忘れることもありそうです。

そんな時に便利なのがtwitbackrです。これはブログの更新を自動的にTwitterで通知してくれるサービスで、利用方法は簡単、まずtwitbackrのサイトにTwitterのアカウントでログインし、Twitterと連携させます。その際に表示されるPing URLをコピーして、ブログ側の更新Ping/Trackback先に登録するだけ。これだけで、ブログの更新と同期して自動的にTweetがされます。ブログの周知にはTwitterの利用が必須とも言える現在、twitbackrを上手に利用してなるべく多くの人にブログを訪問してもらえたら良いですね。

twitbackrの普及率

標準

twitbackrは運用するブログの更新をtwitterへ自動的に通知させるサービスで、ブログとtwitterを両方運用している場合においてつぶやく手間を省ける有用なシステムです。

一般的にはtwitterアカウントとブログサービスを連携させるだけで使用可能とされており、一度紐付けを行えば更新時に自動でつぶやいてくれるため、ブログ経営者の情報拡散に役立つとして普及率も高めとなっています。

SNSの普及に伴い、twitterによる情報の拡散はアフィリエイトやネットビジネスなどに効果的な手法であるほか、趣味の一環としても有効な選択肢で、ブログの存在を知ってもらい、フォロワーが多いほどアクセス数を増やすのに大きな成果を見込めます。

また、twitbackrは解除したい状況においても連携時と逆の手続きを済ませるだけの手軽さを持つため、両者を紐付けて効率的なブログ運用を行いたい人に最適の選択肢といえます。

便利!簡単!ブログと連動 する Twitterアプリ のご紹介

便利な Twitterアプリ をご紹介
標準

ブログをただ更新しただけでは、なかなか多くの読者を集めることは難しいです。そのため、少ない言葉数で感情を伝えられて不特定多数の目に触れさせることができるサービスを利用することは珍しくありません。

ところが、新たにブログ記事を投稿したあとでお知らせを目的として情報発信することは、面倒であると感じてしまいやすいです。そんな感情を抱くことがないようにと開発されたのは、twitbackrというサービスです。

ブログを運営している人の間では、twitbackrが浸透し始めています。twitbackrはブログ記事が投稿された情報を拾って、自動的にお知らせ情報を発信してくれるからです。ブログを更新したあとは特別な操作をしなくてもtwitbackrが新着情報を広く知らせてくれるので、浸透しつつあるというわけです。

twitbackrを利用することによって、ブログ運営で面倒と感じる作業を省くことができるようになります。

両親の還暦のお祝いにピッタリなプレゼントとは?

両親の還暦のお祝いにピッタリなプレゼントとは?
標準

ご両親が還暦を迎えるということは、とても喜ばしいことです。これからも元気でいてくれることを願って、何かお祝い事をしたり、プレゼントを贈ったりするとご両親も喜んでくれることでしょう。
プレゼントを何にしたらよいかと迷ってしまう場合には、まずは、ご両親の顔を思い浮かべて、普段の生活の様子を思い出してみるのも良いかもしれません。いつも、どんなものを食べたり、飲んだりしているのか、好きなものを考えてみたり、日ごろから欲しいと言っていたようなものがないかを思い出してみるようにしましょう。
ただし、還暦のお祝いですから、たとえ、お酒が大好きだったとしても、できる限りは、お酒など健康に影響がでる可能性があるものは避けた方が良いかもしれません。もちろん、その人によって、健康状態は異なるものですから、どうしてもお酒が良い場合には、質の高いお酒を少しずつプレゼントしてみるのもおすすめです。きっと、大切に味わってくれることでしょう。